イクオスEXプラスの効果感想ブログ
イクオスEXプラスの育毛効果を確かめるために3ヶ月間圧倒的に努力してみた

イクオスEXプラスの効果感想|3ヶ月間戦略で育毛してみた体験ブログ

2019年10月20日に大幅リニューアルされた育毛剤IQOS(イクオス)。新しくなった「イクオスEXプラス」の実力は果たして本物なのか偽物なのか?

このブログは、イクオスEXプラスの効果を最大限高めるため、

  • 禁止事項をおのれに課しながら
  • 効果を高めるため生活から工夫し
  • 戦略を練りに練って3ヶ月間計画的に育毛し続けた

管理人(35)の体験感想レポートです。

薄毛の不安を抱えつつもイクオスの使用を検討中のあなたの参考になれば幸いです。

イクオスEXプラスの効果検証に用いた4つの戦略

今回、イクオスEXプラスの効果を得るために計画実行した戦略は以下です。

  1. 実験期間は3ヶ月間に限定
  2. 育毛の土台作りは怠らない
  3. 薄毛に影響する良くないことは原則禁止
  4. 計測基準を決めて定期的にデータを取る

戦略1. 実験期間は3ヶ月間に限定

結局のところ、期間を決めずにダラダラ続けても今度はやめ時がわからなくなるので、今回は3ヵ月間限定で取り組みます。

では、なぜ3ヵ月間と決めたのかというと、理由は2つです。

  1. 公式サイトで「3ヵ月後に差がつく」と謳っていたから
  2. ヘアサイクルの関係上、3ヶ月以上は使用しないと変化は期待できないから

公式サイトの文言を主観で検証したかった

まずイクオス公式サイトでの謳い文句「3ヶ月後に差がつく」が気になりました。

ちなみに、「3ヶ月後に効果が実感できる」というわけじゃないです。紛らわしい表現ですが、あくまで「差がつく」と書いてあるだけなので。

でもよくよくえてみると、「差がつく」って何と何を比べて?って話だと思うわけです。

使った人と使ってない人を比べても、「個人差がある」という言葉で終了ですし、3ヶ月間使ったときの自分と、使ってなかったパラレルワールドの自分を比べることもできません。

まあ結局のところ比較対象がないわけですが、今回はあくまで僕自身の主観に基づいて、3ヶ月間使ってみて何かしらの変化、もしくは育毛剤としての効果などが実感できたか?を判定したいと思います。

毛周期(ヘアサイクル)も考慮する必要がある

また、髪の毛には毛周期(ヘアサイクル)というものがあります。

これは簡単に言うと、毛が生えてから抜けるまでのサイクルのことです。

  • 成長期(3~6年):細胞分裂によって髪が太く長く成長していく時期
  • 退行期(2~3週間):細胞分裂が減少し成長が止まる時期
  • 休止期(2~3ヶ月):細胞分裂が停止して脱毛が始まる次期

この3つの期間を順番にぐるぐる周ります。

期間を見てもわかるように、髪全体の8~9割の毛は成長期にあるので、1割程度の髪が休止期にあっても毛量はパッと見は減ったようには見えません。

同じくらい新しく生えてくる毛もあるわけで、毛量バランスは安定しています。

ただAGA(男性型脱毛症)になるとこのヘアサイクルが乱れて、成長期の髪の割合が減っていきます。

具体的には、成長期にいるはずの髪がDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンによって強制的に退行期→休止期に引っ張られるわけです。

そこで多くの育毛関連商品は、この乱れを食い止めるために働きかけを狙っています。

なのでイクオスを使う場合も、最低でもこの休止期の状態である髪の毛に合わせて、3ヶ月程度は継続してアプローチし続ける必要があります。

そうすることで初めて脱毛をケアすることができるし、その期間が育毛効果として実感しやすい最低ラインの期間であるという判断から、3ヶ月間と決めました。

戦略2. 育毛の土台作りは怠らない

育毛ケアは土台作りからが基本です。悪い土壌に立派な植物は育たないように、悪い頭皮に立派な髪の毛は生えません。

そこで、健康的な頭皮を作り上げキープするために講じた戦略は以下です。

  1. シャンプーは正しく丁寧に
  2. 規則正しい生活を心掛ける(睡眠、食事など)
  3. ストレスを貯め込まない(精神を安定させる)
  4. 紫外線対策は怠らない
  5. 頭皮マッサージも正しく丁寧に

シャンプーはやさしく丁寧に

シャンプーは赤ちゃんの頭を洗うように優しく、抜け毛を増やさないように、かつ頭皮の汚れをしっかりと落とすことを意識しました。

さらに気を付けたことは、シャンプーを洗い流す際の「すすぎ」です。

ここを徹底的にやらないと、頭皮に界面活性剤が残留して、毛穴詰まりや皮脂の過剰分泌、さらには抜け毛の原因になります。

ちなみにシャンプーの銘柄やブランドはとくにこだわっていません。

高価なスカルプシャンプーじゃなくてもいいし、安価すぎる悪い石油系のシャンプーじゃなければ何でもOKというスタンスです。

僕は市販のアミノ酸系シャンプーを適当にいろいろ試して使ってます。

規則正しい生活を心掛ける

もはや常識ですが、「カラダに悪いこと=髪にも悪い」なので、生活習慣を整えることはかなり意識して今回取り組みました。

具体的には、以下のようなことです。

  • 早寝早起きで生活リズムを一定に保つ
  • 睡眠時間は7時間以上とる、夜更かししない
  • 食事はバランスよくカラダにいいもの

これは今回のイクオス効果検証が終わった今でも続けていて、体調もかなり良い感じなので今回の結果関係なくやってよかったと思います。

長期的に見ても必ず髪の毛にも良いことなので、ぜひ早めに取り入れることをおすすめします。

ストレスは貯め込まない

ストレスは髪に良くないとは言いますが、日常生活では人間関係とか色々あるので、ストレスを感じるなというのは無理な話です。

なので、ストレスは感じるのは仕方がないにしろ、貯め込まずに定期的に意識して発散させることが大切です。

ほんの一例ですが、僕の場合だと、イライラしたり仕事が立て込んだりしたときに、

  • ジムに筋トレしにいく
  • 森の近くの新鮮な空気吸いながら歩く
  • 車で走りながら歌いまくる

とかしながらストレス発散できました。

自分の一番気持ちいいと思う方法でいいので、ストレスたまってるわーと感じる前に意識して発散してしまうことが大事と思います。

紫外線対策は怠らない

夏の終わり秋に差し掛かる頃が、一番抜け毛が増える時期と言われています。

その原因がこの紫外線ダメージです。とくに長時間屋外に出るときは、通気性の良い帽子は必須です。

僕はイクオスEXプラスが発売開始した10月20日からこの企画をスタートさせたので、ちょうどその時期は抜け毛が一年の中でも多い時期でした。

もちろん夏場もある程度対策はしていましたが、それでもやはり増えたわけです。残暑もまだ残っていた10月だったので、そこからは徹底して紫外線対策も怠りませんでした。

頭皮マッサージはやさしく丁寧に

これももはや常識ですが、育毛剤を使用する際、頭皮マッサージはセットです。

頭皮マッサージをやることで、一時的とはいえ血行が良くなるので育毛成分が頭皮の細部にまで浸透しやすくなります。

マッサージをやるときは、強い刺激を与えずにやさしくするのがポイントです。

やり方は色々あるみたいですが、僕はYoutube動画をいくつか参考にしながら、毎日3分間程度の頭皮マッサージを継続しました。

戦略3. 薄毛に影響する良くないことは原則禁止

上記の土台作りの戦略にくわえて、日常生活の中で、頭皮や髪に悪影響をおよぼす可能性がある以下のことは禁止しました。

  • ファストフードは食べない
  • 脂っこい食べ物はたまににする
  • お菓子もなるべく控える
  • たばこは吸わない
  • お酒アルコール類は飲み過ぎない

体に悪い系食べ物は3ヵ月間断ち切った

マクドナルド、ケンタッキー、ピザハット、すき家、吉野家など。早い安いおいしい、みたいな定番のファストフードは食べませんでした。

普段からあまり食べるほうではないのでそこまで苦しくはなかったですが、やっぱりたまにマックとか、急激に食べたくなりますよね。

でもとりあえず3ヶ月は検証のために我慢です。結局終わってから速攻で食べたけど。

あとは、揚げ物とか脂っこい食事。これもたまに食べましたけど、週一で一回食べるか食べないか程度です。

お菓子も、アイスとかチョコとかポテトチップスも大好きですが、この3ヵ月だけは「一週間に一回だけ何か一つ食べていい」というルールで通しました。

たばこは吸わない

これは僕はもう6年前くらいに止めてるので、当たり前ですが吸いませんでした。

たばこは髪の毛に絶対よくないので、育毛本気でやるなら絶対やめた方がいいと思います。

タバコ吸っててもフサフサの人いるじゃねーか!とかいう人もいますが、そう思うならべつに吸ってたらいいと思います。自由です。止めません。

ただ、血流とかどう考えてもマイナス要素でしかないので、頑張れる人は本数減らすなり禁煙するなり頑張ってみることをおすすめします。

お酒は適度にする

これが一番自分の中ではつらかった。

お酒は大好きなのでこれまで毎日好きなだけ飲んでましたが、この期間中だけは半分以下に減らして、週一で休肝日も作りました。

まあ体調も、どう考えてもこの期間中のほうが良かったですね。二日酔いもないし。

これによって良質な睡眠時間も確保できるし、育毛の土台作りにも一役買います。お酒大好きなのはわかるけど、育毛やりたいなら一緒に頑張って減らしましょ。

とはいえ、上記のどれやるにしても、辛すぎて継続できないとか、ストレスが貯まるとかになると意味がないので、その点は自分に厳しくなりすぎないよう注意したほうがいいです。

戦略4. 計測基準を決めて定期的にデータを取る

3ヵ月間使用した効果として、僕の実感だけではどうしても信頼性に欠けるので、信頼性担保のため以下の計測基準を設けました。

  1. お風呂での抜け毛本数を計測/週一回
  2. 第三者からの客観的評価をもらう/月一回

お風呂での抜け毛本数を計測/週一回

数字でのデータ比較もしたかったので、週に一回、お風呂での抜け毛本数も計測しました。

これは単純に抜け毛取りネットを使って、シャンプー時に抜け毛本数を数えるだけです。

排水溝に詰まった自分の抜け毛を数えるのは気持ちの悪いものですが、これもデータとして残すためなので吐き気をこらえて頑張りました。

抜け毛の計測に関しては季節性は省きます。10月25日~1月25日までの3ヶ月間なので、秋終わりということで一年の中では「普通~多い」くらいと思います。

第三者からの客観的評価をもらう/月一回

簡単にいうと、嫁から月一回見てもらって変化があるか、見たり触ったりしてもらって、客観的な評価をもらうというだけです。

これはやり過ぎてもわからないと思うので、月一回の計測にしました。

嫁なら、お世辞とか心にもないことは一切言わないという信頼性も担保されているので、適任と思われます。正直に判定してもらいました。

イクオスEXプラスを購入!届いた時の感想

ということで、以上の戦略を立てたうえでさっそくイクオスEXプラスを注文!

公式サイトで注文。リニューアルキャンペーン1,000円OFFでした。初回の総支払額税込7,678円。

注文確定のメールが届きます。

リニューアル日2019年10月20日に注文して、初回お届け日は24日なので、注文から4日で届くことになります。

四日後、予定通り自宅にイクオスEXプラス到着。